〒735-0012
広島県安芸郡府中町八幡2-3-3

TEL:082-286-8070

府中町 歯医者 歯科 広島市 東区 インプラント 審美歯科 矯正歯科 ホワイトニング 予防歯科 歯牙移植 訪問歯科

インプラント

訪問診療(往診) こどもの治療
安全管理の徹底をお約束します。 麻の実通信 求人案内 初診の方で診察の事前申し込みをご希望される方はこちら EPARK 広島歯牙移植・インプラントセンター
MOBILE SITE 携帯電話からも当院の診療情報を確認できます。
医療法人社団 峰良会 にき歯科医院

〒737-2121
広島県江田島市江田島町
小用2-3-2

お電話でのお問い合わせ TEL:0823-42-4180 にき歯科医院
HOME»  インプラント

インプラント

当院では、様々な義歯やインプラント治療に対応しており、あなたに一番合った治療法を選んで頂けます。インプラントにはいろいろな製品がありますが、当院では世界中の医療先進国で広く用いられている、最新のインプラントを採用しています。また、当院のインプラント治療には長い実績があります。

インプラントのメリット

健康な歯を削らないで済む 少数の歯の欠損では、ブリッジ治療なども選択できますが、両隣の歯を削らなければなりません。健康な歯の寿命を短くする恐れがあります。インプラントは骨の中にしっかりと固定され、自立して機能しますので、周囲の歯を削る必要はありません。
しっかりと噛める 入れ歯では、違和感がある、食べたものがはさまりやすい、しっかり噛みにくいなどの問題が生じることがあり、天然の歯と比べるとどうしても機能に限界があります。インプラントなら自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。
見た目が自然 インプラントは天然の歯と同じように骨の中に植立しており、歯肉のラインもきれいに回復するので、見た目も自然です。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング
現在のお悩み・ご希望などを伺った上で、治療についてご説明致します。
2.検査・診断
口腔内写真、顔写真、歯型、レントゲンを撮らせて頂き、診断時の資料とさせて頂きます。
3.インプラント埋入
手術により顎の骨にインプラントを埋入します。術後はインプラントが顎の骨になじむまで経過を観察します。
4.上部構造(人工歯)装着
インプラントの上に上部構造を装着して治療が完了します。

インプラント治療例


  • インプラント治療後

  • 治療後のレントゲン写真

医療費控除について

インプラントの手術後の注意事項

インプラント治療は医療費控除の対象となります。
簡単な確定申告でお金が戻ってきます。
(例)インプラント治療費100万円の場合
(注:家族構成やその他の要因で異なります)

所 得 減税額(お金が戻る額)
500万円 約18万円
700万円 約27万円
1,000万円 約30万円
1,500万円 約39万円

申告の期間

1年間(1月1日から12月31日)に医療費として支払った金額が、10万円以上200万円までが対象となります。(年収によっては10 万円以下でも可)申告の期間:過去5年間さかのぼって有効です。

医療費控除額

医療費控除額=(支払った医療費の額-保険金等で補填された額)-10万円or合計所得金額の5%のいずれか低い金額 (保険金等 の例:生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・ 家族療養費・出産育児一時金など)(最高200万円)インプラント治療においても適応されます。

家族も医療費控除の対象となります

本人の医療費のほか同一家計で配偶者や親族の医療費も対象となります。妻に所得があり扶養家族からはずれていても、妻の 医療費を夫の医療費と合算できます。

交通費も控除の対象になります

歯科クリニックまでの交通費も控除の対象となります。
日時・歯科クリニック名・交通費・理由を領収書の裏面に記載しておいてください。
※(注)車で通った場合のガソリン代・駐車場代は控除の対象となりません。

ローンでの支払いも控除の対象になります

※(注)金利、手数料等は医療費控除の対象になりません。

申告方法

  1. 地域の税務署や申告会場へ直接提出する
    各税務所の所在地(http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
  2. 郵便
  3. インターネット オンライン申請の「e-tax」(http://www.e-tax.nta.go.jp/

歯牙移植

歯を抜いて捨てる時代は終わりました。
一生自分の歯で食べるための新しい歯科医療、「歯」の長期保存のご案内致します。

歯の銀行との提携

本院は、広島大学病院のスリーブラケッツ社と提携しています。 矯正治療で抜歯した歯を保存ができるシステムを有しております。その歯を長期的に保存することにより、将来歯周病などで歯が無くなった場合に、保存した歯を移植することが可能となります。

歯の銀行につきまして、詳しくはこちらをご覧下さい。
>有限会社スリーブラケッツ

TOP