〒735-0012
広島県安芸郡府中町八幡2-3-3

TEL:082-286-8070

府中町 歯医者 歯科 広島市 東区 インプラント 審美歯科 矯正歯科 ホワイトニング 予防歯科 歯牙移植 訪問歯科

よくある質問

訪問診療(往診) こどもの治療
安全管理の徹底をお約束します。 麻の実通信 求人案内 初診の方で診察の事前申し込みをご希望される方はこちら EPARK 広島歯牙移植・インプラントセンター
MOBILE SITE 携帯電話からも当院の診療情報を確認できます。
医療法人社団 峰良会 にき歯科医院

〒737-2121
広島県江田島市江田島町
小用2-3-2

お電話でのお問い合わせ TEL:0823-42-4180 にき歯科医院
HOME»  よくある質問

インプラントのQ&A

なぜ義歯やインプラントが必要なのですか?
多くの歯が無くなった状態で噛み続けていると、歯の負担が大きくなります。そして、ぐらぐらと移動しはじめて、やがて抜けてしまいます。義歯やインプラントを入れることにより、噛み合わせが安定し、残っている歯の負担が軽減されます。
インプラントはどのような治療なのですか?
歯を失った顎の骨に、チタン製の人工の歯根を植え込んで歯冠を取り付ける方法です。まるで新しい歯が生えてきたように、ご自分の歯と同じように使うことができます。※顎骨の状態や健康状態によっては、適用できない場合もあります。担当医にご相談下さい。

歯牙移植のQ&A

どのような歯が移植できるのでしょうか?
どの歯でも移植は可能ですが、原則として親知らずや歯列からはみ出している歯など、現在咬み合わせに参加していない歯、あるいは矯正歯科治療のために抜去された歯が対象となります。
移植する歯に大きな虫歯や外傷が無いことが条件です。また、骨に埋伏していて分割しないと抜去できない歯や、重度の歯周病に罹患している部位の歯も移植には向きません。
移植を行う歯の欠損部には、一定の骨の厚みと高さが必要となります。
TOP